乾燥敏感肌コスメの「アヤナス」が大幅リニューアル!

「敏感肌でもエイジングケアしたい!」という女性の悩みから生まれ、その効果が口コミで広まって人気のコスメとなっている敏感肌専門ブランド「ディセンシア」のアナヤスシリーズが2016年11月よりリニューアルしました!

 

新しくなったアヤナスの大きなリニューアルのポイントは今のアヤナスよりも保湿力のアップ。また、外部刺激による炎症を抑制するだけでなく心理的ストレスによる肌へのダメージにも科学的にアプローチしています。

 

このサイトでは新旧アナヤスをトライアルセット(ローション・エッセンス・クリーム)を使って徹底比較して分かった事や違いについて詳しくご紹介しています。

 

以前アナヤスを試してみたけどイマイチだった・・・という方や、今アヤナスを使っているけど新しくなっても使っていけるのか不安な方のご参考にしてもらえたら嬉しいです^^

 

新アヤナスリニューアルで進化した3つのポイント!

 

新しいアヤナスはどういったポイントが変わったのでしょうか?

 

 

 

テクスチャー・肌触りが進化!

ローション・エッセンス・クリームにおいて、保湿力が高まっており、より大人の女性に心地よいテクスチャーで充足感を感じていただくための感触としてレベルアップしています。

 

 

天然由来の香りが進化!

天然植物エキスでありながら、ストレスを感じやすい現代女性に向けて、リラックスしたお手入れ時間を提供するため、香り立ちがより高まっています。
また、ローションからクリームまで重ねていただくことによって、香りが高まる設計となっています。

 

 

肌トラブルのダメージ対応が進化!

今までの炎症抑制→コラーゲン対応のみではなく、心理的ストレスによるダメージに対応ができるようになりました。
外部刺激からの影響だけではなく、内的要因にも科学的に対応します。

 

新旧アヤナスをトライアルセットを使って徹底比較!

 

アヤナスは販売を開始してから、今回初めて大幅なリニューアルを実施するようです。
今までのアヤナスとの違いはどこか?アンチエイジング効果は高くなったの?という部分をアヤナスの新旧トライアルセットを使って体験、比較してみました!

 

 

新旧アヤナスのトライアルセットの内容

アヤナスのリニューアルに伴ってトライアルセットの内容も変わりました。
基本的なラインナップは大きく変わっていませんが、旧アヤナストライアルセットとの違いを比較してみようと思います。

 

  旧アヤナス 新アヤナス
パッケージ

内容

・アヤナス RC ローション(化粧水)
・アヤナス EV エッセンス(美容液)
・アヤナス AS クリーム(クリーム)

・アヤナス ローション コンセントレート(化粧水)
・アヤナス エッセンス コンセントレート(美容液)
・アヤナス クリーム コンセントレート(クリーム)

プレゼント(オマケ)

・アヤナス AS アイクリーム(アイクリーム)
・アヤナス AS BBクリーム(BBクリーム)

・アヤナス アイクリーム コンセントレート(アイクリーム)

価格 1,480円(税込) 1,480円(税込)

 

 

トライアルセットパッケージやミニボトルのカラーリングが大きく変更されたものの、内容や価格には大きな変更はないようですね。
取り扱う本品のリニューアルに伴って名前が変わりましたが、化粧水、美容液、クリームの基本ラインナップはそのままです。

 

 

新旧アヤナスの化粧水はどう変わったの?

 

アヤナスの化粧水の成分はどこが変わったの?

 

 

旧アヤナスの化粧水(アヤナス RC ローション)の全成分

水、グリセリン、BG、PEG-8、ジグリセリン、ソルビトール、アルギン酸硫酸Na、コウキエキス、セラミド2、ヒアルロン酸Na、ポリHEMAグルコシド、グリチルリチン酸2K、フィトステロールズ、コハク酸ジエトキシエチル、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、オルメニスミクスタ花水、ニオイテンジクアオイ水、カルボマー、キサンタンガム、ポリアクリル酸Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

リニューアル版アヤナスの化粧水(アヤナス ローション コンセントレート)の全成分

水、プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、BG、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、フェノキシエタノール

 

アヤナスローションの主な成分の違い
旧アヤナスローション 新アヤナスローション
  • セラミドナノスフィア(細胞間脂質保湿)
  • CVアルギネート(コラーゲン産生)
  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • ヒアルロン酸(保湿)
  • コウキエキス(抗炎症・抗酸化)
  • スキンフィットモイスチャー(保湿)
  • アクティブプール成分(保水)
  • セラミドナノスフィア(細胞間脂質保湿)
  • CVアルギネート(コラーゲン産生)
  • ジンセンX(血行促進、皮膚温上昇)
  • ローズマリーエキス(メラニン生成抑制)
  • コウキエキス(抗炎症・抗酸化)
  • パルマリン(タイトジャンクション活性)
  • ビルベリー葉エキス(真皮内GABA産生、線維芽細胞産生)

ローションの主な成分で変わったポイントは抗炎症、保湿作用のあるグリチルリチン酸2Kとヒアルロン酸が配合されなくなった点と新成分であるジンセンX、ローズマリーエキス、パルマリン、ビルベリー葉エキスが新たに配合されるようになりました。
新しいアヤナスは「ストレスによる肌荒れ」に注目し、ストレスからくる肌荒れに徹底的に対応出来るように主な成分を大きく変更しています。
旧アヤナスは単に乾燥肌による肌荒れを保湿するだけにとどまっていましたが、新しいアヤナスはストレスから始まる肌荒れにも負けない肌へしてくれますよ。

 

 

新旧アヤナスの化粧水を使って比べてみた感想

 

リニューアルした新アヤナスを徹底検証!新旧違いを体験しました!

 

 

 

リニューアル前のアヤナスでも評価されていた保湿力は、リニューアル後のアヤナスはさらに保湿力がアップしたように感じました。
他の外資系コスメのような強めの香りではないですが、リニューアルした後のアヤナスは以前よりも少し香りを感じやすくなったかな?という印象です。
他の口コミを調べてみるとトロみも強くなったという声が多く見られましたが、私はあんまり感じませんでしたね。もともとのアヤナスがかなりトロっとした化粧水だったので差が良くわかっていないだけかもしれません(笑


 

 

アヤナスの美容液はどう変わったの?

 

 

旧アヤナス美容液(アヤナス EV エッセンス)の全成分

水、BG、ジグリセリン、水添ポリオレフィン(C6-12)、ジメチコン、エチルヘキサン酸セチル、シクロペンタシロキサン、トリメチルシロキシケイ酸、水添ナタネ種子油、アルギン酸硫酸Na、加水分解酵母、セイヨウナツユキソウ花エキス、コウキエキス、セラミド2、グルコシルヘスペリジン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、グリシン、アルギニン、セリン、リシンHCl、アラニン、フィトステロールズ、トコフェロール、オルメニスミクスタ花水、ニオイテンジクアオイ水、ポリHEMAグルコシド、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PEG-30、グリセリン、PEG-150、水添ココグリセリル、セタノール、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル、水酸化K、ステアリン酸PEG-150、ステアリン酸ソルビタン、オレイン酸ポリグリセリル-2、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

リニューアル版アヤナスの美容液(アヤナス エッセンス コンセントレート)の全成分

水、グリセリン、ジグリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、水添ポリオレフィン(C6-12)、プロパンジオール、BG、水添ナタネ種子油、水添レシチン、PEG-150、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

 

アヤナスエッセンスの主な成分の違い
旧アヤナスエッセンス 新アヤナスエッセンス
  • セラミドナノスフィア(細胞間脂質保湿)
  • EV酵母エキス(表皮細胞の成長促進)
  • Gヘスペリジン(毛細血管強化)
  • CVアルギネート(コラーゲン産生)
  • ヒアルロン酸(保湿)
  • アミノコンプレックス(角層細胞保湿)
  • コウキエキス(抗炎症・抗酸化)
  • シモツケソウエキス(糖化改善)
  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • セラミドナノスフィア(細胞間脂質保湿)
  • CVアルギネート(コラーゲン産生)
  • パルマリン(タイトジャンクション活性)
  • ビルベリー葉エキス(真皮内GABA産生、線維芽細胞産生)
  • ローズマリーエキス(メラニン生成抑制)
  • コウキエキス(抗炎症・抗酸化)
  • シモツケソウエキス(糖化改善)
  • ジンセンX(血行促進、皮膚温上昇)

エッセンスの主な成分の変更点はローションと同様に保湿成分であるヒアルロン酸とスキンフィットモイスチャー、抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kなどが配合されなくなりました。
また、新しく配合された成分はストレスに対応出来る成分としてパルマリン、ビルベリー葉エキス、ローズマリーエキス、シモツケソウエキス、ジンセンXなど多数が配合され、ストレスによる肌荒れを徹底的にケアできるようになっています。
リニューアル前のアヤナスエッセンスは「スキンケア」を主に対応するような成分でしたが、リニューアルしたアヤナスは肌荒れの原因からスキンケア出来るように構成されています。

 

新旧アヤナスの美容液を使って比べてみた感想

 

リニューアルした新アヤナスを徹底検証!新旧違いを体験しました!

 

 

 

リニューアル前の美容液と比べると若干テクスチャーが硬くなった印象があります。元々はほんとにサラっと寄りの乳液だったような感じがゲルっぽくなったというか・・・。
でも元々私が気に入っていた伸びのよさと肌にスーッとしみこんでいくような感触はほとんど変わらず、使い勝手はリニューアル前とほとんど変わりません。
美容液も化粧水と同様にリニューアル前と比べると香りを感じるようになりました。(個人にはリニューアル前はほとんど香りを感じなかったです。)
新しくなったアヤナスはストレスに対応しているという事で香りの面でも変化しているのだと思いますが、このあたりは好みがわかれそうですね。


 

 

 

アヤナスのクリームはどう変わったの?

 

アヤナスのクリームの成分はどこが変わったの?

 

 

旧アヤナスクリーム(アヤナス AS クリーム)の全成分

水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ジメチコン、BG、PEG-10ジメチコン、ワセリン、ジグリセリン、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、水添ポリオレフィン(C6-12)、アルギン酸硫酸Na、コウキエキス、セラミド2、ヒアルロン酸Na、ポリHEMAグルコシド、グリチルリチン酸2K、フィトステロールズ、トコフェロール、オルメニスミクスタ花水、ニオイテンジクアオイ水、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、アミノプロピルジメチコン、ステアリン酸スクロース、パルミチン酸スクロース、オレイン酸ポリグリセリル-2、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、セタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

リニューアル版アヤナスの美容液(アヤナス エッセンス コンセントレート)の全成分

シクロペンタシロキサン、水、ジグリセリン、グリセリン、BG、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、ワセリン、水添ポリオレフィン(C6-12)、ステアリン酸スクロース、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸スクロース、アミノプロピルジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

 

アヤナスクリームの主な成分の違い
旧アヤナスクリーム 新アヤナスクリーム
  • ヴァイタサイクルヴェール(外部刺激ブロック・細胞間脂質保湿)
  • コウキエキス(抗炎症・抗酸化)
  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • CVアルギネート(コラーゲン産生)
  • ヒアルロン酸(保湿)
  • ヴァイタサイクルヴェール(外部刺激ブロック・細胞間脂質保湿)
  • コウキエキス(抗炎症・抗酸化)
  • パルマリン(タイトジャンクション活性)
  • ビルベリー葉エキス(真皮内GABA産生、線維芽細胞産生)
  • ローズマリーエキス(メラニン生成抑制)
  • CVアルギネート(コラーゲン産生)
  • ジンセンX(血行促進、皮膚温上昇)

クリームの主な成分にはディセンシアの特許成分ヴァイタサイクルヴェールはそのままに新しくストレス対策成分が配合されるようになりました。
かわりに保湿や抗炎症成分であるヒアルロン酸とグリチルリチン酸2Kがなくなったようです。

 

新旧アヤナスのクリームを使って比べてみた感想

 

リニューアルした新アヤナスを徹底検証!新旧違いを体験しました!

 

 

リニューアル前のアヤナスと比べると濃度が増した?ような感触でした。以前のアヤナスもクリームというよりはゲルっぽい感触でしたが、新しいアヤナスはさらに濃いゲルって感じのテクスチャーです。
その分しっかりと保湿力もアップしていて、元々すごい保湿力で朝までしっとりしていたのが冬場の乾燥する時期でも朝起きた時もちもちしっとりが続いていました。
何よりも敏感肌でありがちな体調やストレスによる肌のゆらぎが少なくなり、肌質が落ち着いて、安定するようになった事が嬉しいですね!
ただ、濃度が高くなったせいか、リニューアル前と比べると伸びないせいかクリームの減りが早くなったかな?結構なお値段ですから大事に使いたいんですけどね・・・。